タクシー運転手になるためにはどんな資格が必要か考えよう

腰が強い人

長時間座席に座っているタクシー運転手は、腰や体が強くないときつい仕事といえるでしょう。特に腰痛持ちの人にはかなりつらい仕事です。長時間同じ姿勢でも腰などを悪くしないというのは、長期間タクシー運転手として勤めるためには大変重要なことです。その他にも、タクシー運転手に向いているポイントがあるので、見ていきましょう。

どんな人がタクシー運転手に向いているか

記憶力に優れている

タクシー運転手には記憶力が良い人が向いていることは確かでしょう。地域内の道はほとんど把握している必要がありますし、お客さんが目印として言った建物など、ある程度有名なものは全て覚えておかなくてはなりません。もちろんこれらは、やっていくうちに少しずつ覚えていくかもしれませんが、タクシー運転手として利益を上げるためには、もっと細かい情報まで把握しておく必要があります。タクシーを運行するには、病院や公園などの地理的な場所の他にも、利用客が増える時間帯やその場所、道路の交通状況かいつ変わるかということも押さえておかなくてはなりません。どの時間帯どの場所に行き、どのルートを通ればスムーズな運行ができるか、というのを正確に把握出来ているというのがいいタクシー運転手の条件です。

観察力に優れている

記憶力に加えてタクシー運転手には、観察力も必要です。天気も雨、曇り、晴れなどがあり、交通状況や利用状況が全く変わってきます。天気によりスムーズに運転できるルートも少し異なってきます。お客さんを確保するためには、天気が変わる前に的確に状況判断し、客足が多くなる場所へ移動するという力が必要になります。また、新しくできたレストランなど、地域のちょっとした変化に気づいているかいないかで、利用客を確保できるかできないかが変わってきます。乗ってきたお客さんに関しても、話しかけたほうがいいのか、そうでないのか瞬間的に判断することが大切です。お客さんが急いでいるのか、そうでもないのかということも判断し、それに沿って安全運転で行くか、少し違うルートを取るのか考える必要もあります。タクシー運転手には観察力が大事なのですね。

コミニケーション能力がある

コミュニケーション能力があるというのもいいタクシー運転手の条件です。お客さんによっては話すのが大好きという人もいるので、豊富な話題と知識を持っていれば、お客さんが目的地まで楽しくたどり着くことができます。お客さんの話に付き合い盛り上がれば、また次も利用してくれるかもしれません。タクシー運転手の中にはこのような方法で売り上げを伸ばしている人もいます。コミニケーションを多くとり利用客を増やしていくというのは一番着実な方法かもしれません。

探究心がある

タクシー運転手として稼ぐためにはいろいろなポイントがありますが、最終的にはそれらを統合して自分なりのやり方を考えていく必要があります。どんな方法が自分にやっているか、いろいろ試しながら研究していくという考え方であれば、少しずつ収入を上げていくことができるでしょう。自分のオリジナルの方法を見つけだし、他の人ができないようなやり方で利益をあげることができれば、競争相手が多いタクシー業界でも一目置かれる存在になれるでしょう。

真面目に仕事ができる

真面目に仕事ができるというのは、いってしまえばどの業界でも当てはまることかもしれませんが、特にタクシー運転手には必要です。タクシーというのはサボろうと思えばいくらでも時間を潰すことができるので、その誘惑に負けない真面目さが大事です。真面目に働けるタクシー運転手であれば自然と収入も多くなってくることでしょう。

タクシー運転手に必要な資格

男性

第二種運転免許

お客さんを乗せて目的地まで連れて行くというタクシー業務では、第二種運転免許の取得が必要不可欠になります。第二種運転免許というのは、お客さんからお金をもらって運転するために必要な資格です。タクシー求人の中にはこの第二種免許を持っていることを、応募の条件としているところもあります。求人を見る時は、その辺も注意してみましょう。しかし第二種運転免許を持っていないという人でも、タクシー会社によっては合宿制度を設けているところもありますので、第二種運転免許を現在所持していないという人は、そういったタクシー会社に応募をしてみるといいです。普通免許しか持っていなくても、タクシー運転手になれる可能性はあります。もしも心配な場合はタクシー会社に事前に問い合わせてみましょう。

第二種運転免許の受験資格や内容

第二種運転免許の受験資格には、普通自動車や大型車など、各自動車の第一種運転免許を所持しているという事が条件になります。それに加えて、第一種運転免許を取得してから3年以上期間が空いているという条件もあります。そのため、10代でタクシー運転手になることはできません。どんなに早くても21歳からになります。運転免許を取ったばかりでは、運転技術に関わらず、お客さんを乗せて運転するには経験が不足していると考えられるからです。
第二種免許の試験内容ですが、まずは標識などをしっかり確認できるかという視力などの適性検査があります。その後は普通免許と同じように筆記試験と実技試験があります。事前にしっかりと講習を受け、徹底して安全確認を行えば合格する可能性は充分あります。余裕をもって合格できるようにしっかり準備してから試験に望みましょう。

地理検定という資格が必要な地域もある

必ずしも必要な資格ではないですが、地理検定という資格もあります。これは一部の地域でタクシーを運転するために必要な資格です。地理検定ではその地域にある道路や交差点の名前、有名な建物の所在地などが問題に出ます。それに加えて、地域内の目的地に向かうまでの最短のルートや、所要時間やどれだけ金額がかかるかもある程度把握しているかどうかが問われます。地理検定では問題全体の8割の正解が必要です。この試験は合格率が低く、50%を切ります。タクシー会社によっては地理検定の対策をしっかりと行っているところもあるようです。あなたが就職したいタクシー会社の営業地域内で、この地理検定が必要なのかチェックしておきましょう。主に東京や大阪などでタクシーを運転するために必要な資格です。

地理検定を受けるためには

地理検定という試験を受けるためには、タクシーセンターでの講習を受ける必要があります。この講習は全部で4日あり、地理検定が行われるのはその講習の3日目になります。

タクシー運転手になるために必要な資格や情報

男性

タクシー運転手に必要な資格

タクシー運転手なるためにはどんな資格 が必要のでしょうか。その疑問にお答えします。その他にもタクシー運転手になるためのいろいろな情報を掲載していますので、興味がある方はぜひ読んでみて下さい。タクシー運転手になるための具体的な方法について考えてみましょう。

READ MORE
広告募集中